ソルネチヌイ地区・アムット湖

ソルネチヌイ地区・アムット湖

コムソモリスク・ナ・アムーレの滞在中、現地在住のアレックスが私に提案してくれたのが、アムット湖へのピクニックである。 「アムット湖って、一体どこにあるんだろう?」 今まで一度も聞いたことがない湖である。川の名前を連想させ…

夜のコムソモリスク・ナ・アムーレドライブ

夜のコムソモリスク・ナ・アムーレドライブ

コムソモリスク・ナ・アムーレの夜は一体どのような雰囲気なのだろう。ロシアの主要都市全体に言えることだと思うが、同じ街並みとて、街明かりが灯る夜の印象は昼と全く異なることが少なくない。ロシアの公共施設は往々にして、夜になる…

ちょっとディープなコムソモリスク・ナ・アムーレ

ちょっとディープなコムソモリスク・ナ・アムーレ

前回掲載した「初めてのコムソモリスク・ナ・アムーレ観光」では、市内の主な見どころをピックアップした。もっとも、この街で見かける観光客は皆無に等しく、外国人で活況を呈するウラジオストクやハバロフスクとは全く趣きを異にする。…

初めてのコムソモリスク・ナ・アムーレ観光

初めてのコムソモリスク・ナ・アムーレ観光

ロシア極東第三の人口を擁するハバロフスク州コムソモリスク・ナ・アムーレ。 州都ハバロフスクから北へ約400キロのアムール川中流域に開けた極東最大の工業都市で、ソ連成立後の1932年に建設が始まった、非常に歴史の新しい街で…

ハバロフスク州 夜行列車青年号乗車記

ハバロフスク州 夜行列車青年号乗車記

これから乗車するのは、ハバロフスクI駅を22時ちょうどに発車するコムソモリスク・ナ・アムーレ行きの夜行列車「青年号 (Юность)」。388キロの鉄路を約9時間かけて走る。 興味深いことに、青年号の走行距離は、札幌から…